第6章 カッパドキア 〜若者が集うトルコのヘソ〜

前章へ 次章へ 目次へ TOP
本の購入方法
§生命あふれる大地















 ペンションの前の緩い坂道を野外博物館の方に向かって登りはじめたが、博物館には興味はない。気まぐれ心が現れ、途中でふっと道を左に外れ、奇岩群の中に足を踏み入れていた。するとほどなく、それまで全く想像していなかった世界に自分が立っているに気が付いた。一見、殺伐とした奇岩群だが、その足元にはなだらかにうねる白い砂の斜面が続き、あたかもそこの住人のような植物達が、それぞれ納まりのよい場所を見つけて静かに根を張っているのである。杏子、葡萄、瓜....。澄んだ空気のなか、すべてが生気に満ちている。たわわに実った杏子の実は、熟して根本の砂地にこぼれ落ちている。夕日を受けてくっきりと浮かび上がった濃いオレンジ色の実は、やはり夕陽に照らし出されてつややかに輪郭が縁取られた葉っぱの濃い緑と強烈なコントラストをなしている。誰かが栽培したものだろうか。無人だと思った星に降り立ってみたら、以外にも人の痕跡を見つけたときの衝撃。予想外の贈り物に、僕の心はみずみずしさで満たされ、大地と同化していくような気分になった。
(p184)
ギョレメ  キノコ型の奇岩が林立するギョレメ。驚くほど空気が透明だ。
§格安ツアー















 皆の顔が夕日に照らされて赤い。陽気に騒いでいる連中がいる一方、オーストラリア人のレベッカのように、そういう連中とは距離を置き、神妙な表情で夕日に見入っている者もいる。彼女の心には、この夕日はどのように映っているのだろうか。
(p198)
カッパドキアの日の入り カッパドキアの日の入り
 ギョレメの東の丘でカッパドキアの日の入りを待つ。夕陽に照らされた若者たちの顔には爽快感があふれていた。
§ギョレメ探索
§デリカデッセンの街

前章へ 次章へ 目次へ TOP
本の購入方法

Copyright © 2004-2006 杉山康成/SUGIYAMA Yasunari, All rights reserved.

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー